ダイエッターの朝ごはん、バナナのすすめ

朝ごはん、ちゃんと食べてますか?
ダイエットをしていると、一色抜いたほうが痩せるんじゃ、なんて思っている人もいるようですが、実は朝ごはんを抜くと、代謝が落ちてエネルギーが消費されず、溜め込みがちの太りやすい体になってしまうんです!
でも、ご飯なんて食べてる余裕ないし、という方にオススメなのが、朝食代わりにバナナを食べる方法。調理しなくていいうえ、水分を多く含んでいて飲み物を用意しなくても食べやすく、消化も早いので急いでいても簡単に食べることができます。
さらに痩せ体質になるためのサポートにもなるというんですから、試さない手はないですよね。では、どうしてバナナが聞くんでしょうか。
実はバナナにはアミラーゼという消化酵素が含まれていて、炭水化物を消化するのを助け、ブドウ糖などに変換してくれるというすぐれもの。また、酵素には毒素を集めて排出する効果があるので壊さないためにも生でとりたいのですが、バナナはこの点も優れていて、生で食べるのに向いている食材。できればよく噛んで、一本と言わず食べたいと思える量だけ、常温のお水といっしょに取れれば最高です。
ちなみになぜ朝なのかと言われたら、正午までの時間が人間の体にとって排泄に適している時間だから。この時間にしっかりしたお肉なんかを食べてしまうと、消化するのに酵素などのエネルギーを使ってしまって、本来の排出や浄化の仕事ができなくなってしいまします。しかし、バナナ事態が酵素をたくさん持っているため、消化も早く、いらないものを体外に出すエネルギーが十分に温存されるというわけです。
また、水分と繊維が多いので便秘におすすめです。また、バナナに含まれているカリウムは塩分を排出する効果が有り、冷えやむくみにも効果大。前日に居酒屋で味の濃いものを食べて、なんて自体にも助けになってくれます。
消化が早くて直ぐに何か食べたくなった場合には、消化吸収が早い炭水化物、おにぎりなどがベターですが、比較的なにを食べてもOKです。ただし、15分は間を置くようにしてくださいね。
人間の体の持つ習慣を生かしたバナナダイエット、効果的で魅力的ですが、バナナだけで全ての栄養素が取れるわけではありません。ほかの食材やサプリなども上手に生かして、健康的なダイエットに取り組んでくださいね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP